事務所動向

当事務所パートナの孫蔚琳弁護士、 第10期上海市弁護士協会税務研究委員会委員に当選2015-9-8

第10期第3回会長会議にて、上海市弁護士協会第10期理事会により34の業務研究委員会(以下「研究会」といいます。)の設立が決定されました。
研究会は、弁護士業務の専門別と分野別に設立される開放型の弁護士業務・法律研究組織であり、業務研究指導委員会の指導と監督を受けます。
2015年6月10日から7月10日にかけ、第10期第3回会長会議の決定に基づき、上海弁護士協会の34の業務研究委員会が全体の個人会員向けに委員の公開募集を行いました。この間、上海の弁護士計1951名が応募しました。2015年8月11日、第10期第5回会長会議にて「第10期弁護士協会業務研究委員会委員名簿」が採択され、世民律師事務所の孫蔚琳弁護士が第10期上海弁護士協会税務研究委員会委員に当選しました。委員名簿は、主に弁護士が提出した応募資料及び「上海市弁護士協会業務研究委員会業務規則」に言及される応募条件(弁護士本人の経験年数、業務経験、業務紀律、該当分野において従事した代表案件、起草した法律文書と研究成果、前期業務研究委員会委員の職務履行状況等を含みます)を基に選定されます。